優秀症例報告賞申請

日本病理学会九州沖縄支部優秀症例報告賞(若手病理医奨励賞

制定 平成26年11月6日
改正 平成27年7月4日

概要

九州沖縄地区の若手病理医の育成と活動を奨励することを目的とし、九州沖縄スライドコンファレンスにおいて優秀な演題を発表した若手病理医を表彰する。

対象者と応募資格:

1).日本病理学会九州沖縄支部会員であり、演題発表時に卒後10年以内の若手病理医。ただし、専門医取得の有無は問わない。

2).応募年の3年前の1月から前年11月までの計18回の九州沖縄スライドコンファレンスのいずれかにおいて演題発表を行った者。

3).発表した演題の内容が学術誌(査読有)に症例報告として掲載されたか、その予定(掲載可)である場合。なお、応募者が論文の筆頭著者であること。症例報告は和文、欧文を問わない。

上記1)~3)の条件を満たす者を対象とする。

4).受賞は1回に限る。

応募方法

申請者は、支部のホームページにある応募申請用紙をダウンロードし、記載の上、症例報告のpdf、または論文掲載可とした編集長よりの書面のpdfを添えてe-mailにて学術委員長(m-take@adm.fukuoka-u.ac.jp)に送付すること。

締切日

平成28年2月19日(金)
(毎年2月第3金曜日)

選考方法

送付された症例報告を支部学術各委員にて点数制(5点満点)により評価し、3月末までに上位3名を受賞者として選出する。審査にあたり、当該演題の発表に用いた内容(PPT)のホームページへのアップロード、及び当日のディスカッション内容の追記・修正情報欄への記載がされていることも考慮に入れる。選考結果は応募者本人に通知すると共に、5月の支部総会にて授賞式を挙行する。

副賞

現金3万円

申請書のダウンロード

申請書ダウンロード

コメントは停止中です。